飲食店でキャッシュレス決済を導入するためには?

決済のお役立ち情報

近年、飲食店業界では「キャッシュレス決済」の波が大きな影響を与えています。飲食店でキャッシュレス決済を導入することは、顧客の利便性を高め、時代の流れに合わせたビジネス展開をするうえで非常に重要です。本コラムでは、飲食店経営者がキャッシュレス決済を導入するための具体的な手順や選択肢、さらには成功事例をご紹介します。

飲食店にとってのキャッシュレス決済の魅力

飲食店にとってのキャッシュレス決済の魅力

「キャッシュレス決済」と聞いて、どのようなイメージが浮かびますか?クレジットカード、電子マネー、QRコード支払い……これらはすべて、現金を使わない決済手段です。日本では、新型コロナウイルスの影響や政府の推進策により、キャッシュレス決済が徐々に普及し始めてきました。

こうした中、飲食店業界ではキャッシュレス化が急速に進んでいます。特に「迅速な支払い」「割引やポイントの特典」「現金不要」といったメリットは、顧客にとっても魅力的です。実際、多くの飲食店顧客がキャッシュレス決済を好む傾向にあり、この波に乗り遅れることは、ビジネスチャンスを逃すことにもつながりかねません。また、キャッシュレス決済を導入することで、お客様の満足度向上はもちろん、飲食店の経営面でのメリットも多くなるでしょう。

飲食店経営者のためのキャッシュレス決済の選択肢

飲食店経営者のためのキャッシュレス決済の選択肢

キャッシュレス決済の選択肢は、クレジットカードに限らず多岐にわたります。特に飲食店経営者にとって、「どの決済方法を取り入れるべきか?」は重要な検討事項です。ここでは、よく利用される3つの主流なキャッシュレス決済方法をご紹介します。

クレジットカード決済

クレジットカード決済は多くの日本人に親しまれています。この方法では、決済額が後日口座から引き落とされます。現金が不足していても支払い可能であり、高額決済にも対応できるのが魅力です。これは、客単価の向上につながる可能性があるでしょう。さらに、ポイント獲得などの特典があるため、消費者にも人気です。決済は、カードを端末に挿入するか、タッチ決済対応カードなら端末にかざすだけで完了します。

電子マネー決済

電子マネー決済は、電子データを利用して行われます。これには、ICカードへの事前チャージやスマートフォンアプリを介した決済が含まれます。スマートフォンや専用カードを端末にかざすだけで決済できるので、とても便利です。代表的な例としては、Suica、PASMO、iD、QUICPayなどがあります。

QRコード・バーコード決済

QRコード・バーコード決済では、スマートフォンを用いて決済が行われます。お客様がアプリから店舗のQRコードを読み取るか、店員が顧客のアプリに表示されたバーコード・QRコードを読み込むことで決済が完了します。PayPay、LINE Pay、楽天ペイなどがこの方式の例です。

これらの方法を導入することで、飲食店の決済オプションは大幅に広がります。また、お客様の利便性を高め、経営の効率化にも寄与するでしょう。キャッシュレス決済の導入は、現代の飲食店経営において欠かせない要素と言えます。

飲食店におけるキャッシュレス決済の利点

飲食店におけるキャッシュレス決済の利点

キャッシュレス決済の導入は、飲食店経営においてますます重要になっています。ここでは、キャッシュレス決済ができることの利点をいくつかご紹介していきます。

現金を持ち歩かなくて済む

キャッシュレス決済を利用することで、お客様は現金を持ち歩かずに飲食店を利用できます。これにより、ATMや銀行を探す手間が省け、会計時の処理も迅速になります。特に、高級レストランや宴会などの時には、多額の現金を携帯するリスクがなくなるため、安心して利用できるでしょう。

感染症対策になる

非接触決済は、衛生面での安心感も増します。新型コロナウイルスの影響を受け、衛生面への意識が高まっている中、自分のスマートフォンやカードで支払いができると直接的な接触が減ります。

ポイントが貯まる

電子マネーやクレジットカードを利用すると、ポイントが貯まるというメリットもあります。お得なサービスを求めて特定のキャッシュレス決済を利用するお客様もいるため、人気の高い決済方法を導入することが重要です。

現金管理の時間が削減される

店舗側から見ると、キャッシュレス決済の導入により現金管理の手間が大幅に削減されます。レジ締めの時間短縮やミスの減少につながり、全体的な運営効率が向上します。

顧客の満足度が上がる

顧客満足度の向上も見逃せないメリットです。キャッシュレス決済を利用することで、お客様は手持ちの現金に関わらず、スムーズに支払いができるので、顧客満足度の向上につながります。

飲食店でキャッシュレス決済を導入することで、お会計時の作業が短縮されるので結果的にお客様にとってもお店側にとってもメリットはたくさんあります。一度、お店のお会計方法についての見直しをおこない、適切な決済方法を実行していきましょう。

キャッシュレス決済を導入した飲食店の声

キャッシュレス決済を導入した飲食店の声

では、実際にキャッシュレス決済を導入した飲食店では、どのような変化が見られたのでしょうか。キャッシュレス決済を導入した飲食店様の事例を通して、その効果を具体的に見ていきましょう。

  • 飲食店Aのケース
    以前は現金決済のみで運用していたのですが、キャッシュレス決済を導入したことで、様々な支払い方法に対応できるようになり、顧客層が拡大しました。その結果、集客力が20%以上向上し、売上の増加にもなりました。
  • 飲食店Bのケース
    もともと別のキャッシュレス決済の端末を利用していたのですが、決済手数料が高いことに悩んでいました。しかし、適切なキャッシュレス決済サービスに乗り換えることで、手数料が下がり、年間約30万円のコスト削減に成功しました。
  • 飲食店Cのケース
    初期費用や手数料の負担を理由に、キャッシュレス決済の導入を躊躇していました。しかし、適切なキャッシュレス決済サービスを選択することで、低コストでの導入が実現し、結果的に店舗の効率化と顧客満足度の向上に繋がりました。

キャッシュレス決済導入の申込フローは?

キャッシュレス決済導入の申込フローは?

飲食店でのキャッシュレス決済導入は、お客様の利便性を高めるだけでなく、経営の効率化にも大きく貢献します。しかし、「導入が難しそう」と感じる方も少なくないでしょう。でも、ご安心ください。実は、そのプロセスは非常にシンプルです。ここでは、キャッシュレス決済の導入フローについて、簡単な5つのステップで解説します。

1.お問い合わせ

まずは気軽にキャッシュレス決済サービス提供企業へ連絡しましょう。今だと直接電話をすることなく、企業のHPなどから簡単にお問い合わせすることができます。お店の状況をヒアリングすることで、初歩的な疑問を解決します。

2.お見積もり

サービス提供者から、お店に最適な端末や手数料率についての提案を受けます。この段階でコストと効果をしっかり検討しましょう。

3.お申込み

提供された案内に従い、必要書類の提出を行います。この段階で、導入に関する詳細な質問も可能です。

4.審査

サービス提供者とカード会社による審査が行われます。このプロセスは、お店の信頼性や安全性を確保するために重要です。

5.端末の設置

審査を通過したら、端末が届きます。設置は簡単で、届いたらすぐに利用可能です。

このように、シンプルなステップで、お店をキャッシュレス化する準備が整います。導入のプロセスを理解し、顧客のニーズに応えるための一歩を踏み出しましょう。

飲食店のキャッシュレス決済ならEPARKペイメント

飲食店のキャッシュレス決済ならEPARKペイメント

キャッシュレス決済の導入については、EPARKペイメントサービスがおすすめです。EPARKペイメントは業界最安値の手数料を誇り、導入費用や初期費用0円から始めることができるので、端末が届けばすぐにキャッシュレス決済を実施することが可能です。

キャッシュレス決済や決済端末導入に関する問い合わせは、株式会社EPGの問い合わせフォームより、お問い合わせください。既に別の端末や会社の端末を利用している場合でも問題ありません。業界最安水準の決済手数料と初期コスト0円で始められるだけではなく、365日のサポート体制も整えておりますので、安心して飲食店様にご利用できる環境を整えております。ぜひ、キャッシュレス決済の導入にEPARKペイメントをご活用ください。