飲食店オーナー必見!決済手数料に関する基本と実践的な知識

飲食店オーナー必見!決済手数料に関する基本と実践的な知識 決済のお役立ち情報

飲食店でキャッシュレス決済端末を導入する際、多くの方が気になるのは決済手数料ではないでしょうか。決済手数料は業態やお店の規模、さらに決済サービスごとに異なり、店舗の利益に直接影響を及ぼします。そのため、決済手数料の理解は、飲食店の運営において非常に重要です。今回は、飲食店で決済端末を導入する際に気になる「決済手数料」について、詳しく解説します。

決済手数料とは?

決済手数料とは?

決済手数料とは、飲食店がクレジットカードやキャッシュレス決済を利用した際に、お店が決済額の一定割合を決済サービス提供企業に支払うものです。これは、通常、決済額の数パーセントです。この手数料率は、店舗の業態や規模、さらに選択した決済サービスによって異なります。つまり、飲食店では、自店の特性に合わせて、最適な決済手数料のプランを選ぶ必要があるのです。これにより、効率的かつ経済的な運営が可能になるでしょう。

今後の飲食店経営では、キャッシュレス決済の導入がますます重要になると言えるでしょう。

キャッシュレス決済の種類と決済手数料について

キャッシュレス決済の種類と決済手数料について

キャッシュレス決済を選ぶときに、どれくらい決済手数料がかかるのか気になる方も多いでしょう。飲食店業界で広く利用される主要なキャッシュレスは、クレジットカード決済、電子マネー決済、QRコード決済が中心です。これらの違いを理解し、適切な決済システムを選択することは、店舗経営の効率化に大きく影響します。

  • クレジットカード

    クレジットカード決済は、多くの顧客にとって便利で一般的な支払い方法です。しかし、提供されるカード会社や契約内容によって、手数料率が異なる点に注意が必要です。

  • 電子マネー

    電子マネー決済も同様で、各電子マネーサービスによって手数料が異なります。

  • QRコード決済

    最近人気を集めているQRコード決済は、手軽さとスピードが特徴で、特に若年層の顧客に受け入れられていますが、こちらも手数料の仕組みが違います。

各決済手段には特有の手数料が設定されています。それぞれの特徴を理解し、店舗に適した決済方法を選択することが、経営の効率化につながるでしょう。次に、キャッシュレス決済の主要な3種類について、決済方法の特性や、一般的な手数料の範囲について詳しくご説明します。

クレジットカード決済の概要と決済手数料

クレジットカード決済の概要と決済手数料

クレジットカード決済は、日本国内で広く受け入れられているキャッシュレス支払い方法の一つです。クレジット決済の最大の特徴は、利用限度額が比較的高いことで、高額な取引にも対応しやすい点にあります。

手数料率はクレジットカード会社、業種、お店の規模によって異なり、経済産業省の調査によると、3%台前半の手数料率が最も多く見られます。一部では5%以上の手数料率を設定している場合もあります。

クレジットカード払いの導入には手数料が発生しますが、それを上回るメリットも多く存在します。例えば、クレジットカードを利用する顧客の場合、一般的には客単価が高くなりがちで、来店頻度も増加する傾向にあります。特に外国人観光客が多い地域では、クレジットカード支払いの導入は必須と言えるでしょう。手数料の負担を考えるよりも、クレジットカード払いができないことによる機会損失の方が遥かに大きなデメリットとなる可能性があります。

参照:キャッシュレス決済 実態調査アンケート 集計結果|経済産業省 https://www.meti.go.jp/press/2021/06/20210618002/20210618002-1.pdf

このように、クレジットカード決済は飲食店経営において重要な選択肢の一つです。手数料というコストを考慮しつつ、客単価の向上や来店頻度の増加というメリットを見据えて、適切な決済方法の選択をしましょう。

電子マネー決済の概要と決済手数料

電子マネー決済の概要と決済手数料

電子マネー決済は、現金をデジタル化し、電子データの交換で支払いを行う方法です。キャッシュレス決済の中でも利用率が高いこの方法は、主に交通系、流通系、クレジットカード系の3種類に分かれます。中でも交通系電子マネーは、公共交通機関だけでなく、自動販売機やコンビニエンスストアなど、幅広い場所で使用可能です。代表的なものには、SuicaやPASMO、nanaco、WAONなどがあります。

電子マネーの利点は、現金を持ち歩く必要がなく、クレジットカードを持っていない学生でも気軽に利用できることです。この手軽さから、多くの人々に利用されています。電子マネーの歴史は1996年頃に発表された「Felica」が起源と言われており、現在ではスマートフォンのお財布機能などにも応用されています。

電子マネー決済についても、手数料は種類によって異なります。2021年の経済産業省によるキャッシュレス決済実態調査では、電子マネー決済の手数料は約3%となっており、比較的高い水準にあります。飲食店経営者としては、この手数料のバランスを考慮し、効率的な決済システムを導入することが重要です。

QRコード決済の概要と決済手数料

QRコード決済の概要と決済手数料

QRコード決済は、スマートフォン専用アプリでQRコードやバーコードをスキャンし、事前にアプリにチャージした残高、またはクレジットカードと連携した後払いで支払う方法です。このシステムには、店側がスキャンを行う「ストアスキャン方式」と、顧客が自らスキャンする「ユーザースキャン方式」の二つがあります。特にユーザースキャン方式は、店舗用のQRコードを準備するだけで導入でき、初期費用を抑えられるというメリットがあるでしょう。

QRコード決済は2018年ごろから普及し始め、当初の利用率はわずか0.05%でしたが、2020年には1.1%まで急増しました。経済産業省の2021年のキャッシュレス決済実態調査によると、手数料は0%台が最も多い結果となっています。しかし、この低い手数料はQRコード決済の普及を促すための一時的なキャンペーンが影響している場合が多く、通常は3%台前半が相場と言えるでしょう。

QRコード決済は導入が比較的簡単ですが、決済手数料は正確に把握する必要があります。新しい決済手段を取り入れる際は、手数料の動向や利用状況を見極め、効果的な運用を心がけるようにしましょう。

飲食店で決済端末を導入するときのポイント

飲食店で決済端末を導入するときのポイント

決済手数料は、飲食店の決済端末選びにおいて重要なポイントの一つです。そのほかにも、決済端末を導入する際に気をつけたいポイントがあります。ここでは、実際に決済端末を導入する際に考慮したい具体的なポイントをまとめて見ていきましょう。

決済手数料のチェック

クレジットカード決済と同様、取引ごとに店舗側が負担する手数料が発生します。この手数料は、提供している企業によって異なりますので、複数の提供業者の手数料を比較することが重要です。

対応決済サービスの幅広さ

端末が対応している決済サービスの種類も重要です。多様な決済手法、例えばクレジットカードやICカードなどに対応しているマルチ決済端末を選ぶと、さまざまな顧客層にアピールできるでしょう。

決済端末の形式とその特徴

ほかにも考慮したいのが、決済端末の形式です。店舗に設置する「据置型」と持ち運びが可能な「ポータブル型」があります。据置型は固定設置のため紛失や盗難のリスクが低く、一方でポータブル型は移動販売などの際に便利です。

このようなポイントをチェックしたうえで、決済端末の導入にお悩みの飲食店様にはぜひEPARKペイメントサービスをおすすめいたします。業界最安水準の決済手数料で運用が可能であり、導入費用は0円です。365日のサポート体制に加え、多様な決済手段に対応した豊富な決済端末のラインナップがあるので、飲食店にとって最適な選択肢と言えるでしょう。