飲食店でのキャッシュレス決済の選び方

飲食店でのキャッシュレス決済の選び方 決済のお役立ち情報

現代の飲食店経営において、キャッシュレス決済の導入は必須です。顧客にとって使いやすく、お店の運営も効率的になるこのシステムは、特に飲食店オーナーや新しく店を開く方々にとって重要なポイントとなります。この記事では、キャッシュレス決済の主な種類とその特徴をわかりやすくご紹介します。この記事を参考にして、ご自身の店舗に最も合ったキャッシュレス決済方法を見つけましょう。

需要が高まる飲食店のキャッシュレス決済

需要が高まるキャッシュレス決済

日本政策金融公庫の調査によると、飲食店での支払いにおいて、過半数以上の顧客がキャッシュレス決済の利用を望んでいます。この数字は、飲食店経営者にとって見逃せない重要なサインです。

また、飲食店でキャッシュレス決済が利用できないことによる不便を訴える顧客も少なくありません。特に、スマートフォンを使った決済では約51%、電子マネーを利用する商業施設では約44%の顧客が不便さを感じています。これらのデータは、キャッシュレス決済の導入が顧客満足度を高めることに直結していることを示しています。

今後の飲食店経営では、キャッシュレス決済の導入がますます重要になると言えるでしょう。

参照:日本政策金融公庫 2019年3月 外食に関する消費者調査結果 https://www.jfc.go.jp/n/findings/pdf/seikatsu19_0529a.pdf

キャッシュレス決済の種類と特徴

キャッシュレス決済の種類と特徴

キャッシュレス決済の種類は豊富で、それぞれに独自の特徴があります。ここでは、近年よく利用されている3つのキャッシュレス決済について詳しく説明します。

1.クレジットカード

クレジットカードは銀行やクレジットカード会社が発行する決済手段です。カード所有者は、あらかじめ与信枠の範囲内で商品やサービスの代金を後払いすることができます。ポイント還元やマイル積算、さまざまな割引やキャンペーンが利用できる点が特徴です。国際的にも広く受け入れられており、海外での利用にも適しているでしょう。カードの紛失や盗難に対する保護措置が整っているほか、不正使用が発覚した場合の対応も比較的迅速です。

2.電子マネー

電子マネーは、あらかじめチャージした金額を元に決済するプリペイド式の手段です。ICカードやスマートフォンアプリで利用します。小額決済に適しており、交通機関の利用やコンビニエンスストアでの支払いに広く使われています。タッチするだけで決済が完了するため、非常に高速です。また、チャージ式のため、使いすぎのリスクが少なく、セキュリティ面でも安心です。

3.QRコード決済

QRコード決済は、スマートフォンのアプリを使用してQRコードをスキャンし、決済を行う手段です。スマートフォンを持つユーザーなら誰でも簡単に利用でき、アプリによるプロモーションや割引も多くなっています。小規模の店舗でも導入しやすい低コストが魅力でしょう。安全面では、トランザクションごとに生成される一時的なQRコードにより、セキュリティが確保されています。

このようにキャッシュレス決済といっても、種類や特徴はそれぞれ違います。では、飲食店でキャッシュレス決済を導入することのメリットはどういったものなのか次の項目で見ていきましょう。

キャッシュレス決済にはメリットがたくさん!

キャッシュレス決済にはメリットがたくさん!

飲食店のキャッシュレス決済を採用する店舗が急速に増えていますが、このシステムを取り入れることによって、どのようなメリットがあるのでしょうか?飲食店でキャッシュレス決済の導入メリットは、主に次の6つです。

ユーザーのニーズに対応できる

キャッシュレス決済を導入することで、より多様な支払い方法を顧客に提供できます。顧客が好みや利便性に応じて支払い方法を選択できるため、顧客満足度の向上につながるでしょう。特に若年層やテクノロジーに慣れ親しんだ顧客にとっては、この多様性がお店選びの重要な要素になります。

外国人観光客の集客につながる

多くの外国人観光客は、自国で普及しているキャッシュレス決済手段を好んで使用します。そのため、国際的なキャッシュレス決済オプションを提供することで、外国人観光客を引き付けることができ、店舗の集客力を高めることが可能です。

現金の受け取りや受け渡しでのミスが減る

現金を使用すると、おつりを間違えるなどのミスが発生しやすいですが、キャッシュレス決済ではこのようなミスが大幅に減少します。精算時のエラーを減らし、効率的な運営が実現するでしょう。

防犯対策になる

現金を多く扱うと、盗難や強盗のリスクが増加します。キャッシュレス決済の導入により、現金の取り扱いが減少し、このような犯罪のリスクを減らせます。

会計の手間が省ける

キャッシュレス決済は、会計処理を迅速かつ正確に行うことを可能にします。そのため、スタッフの労力を減らし、他の業務に集中することができます。

衛生面への対策につながる

現金は多くの人の手に渡るため、衛生面でのリスクがあります。キャッシュレス決済を利用することで、直接的な接触を減らし、特に流行病のリスクが高い時期において、衛生的な取引が可能です。

このようなメリットは、飲食店の業務効率化、顧客サービスの向上、そして経済的な利益に大きく貢献します。キャッシュレス決済の導入は、現代の飲食店経営において不可欠な要素と言えるでしょう。

キャッシュレス決済の落とし穴!知っておきたい3つの注意点

キャッシュレス決済の落とし穴!知っておきたい3つの注意点

キャッシュレス決済は多くのメリットを提供しますが、導入前に理解しておくべき注意点もあります。ここでは、飲食店経営者が把握しておくべき3つの注意点を詳しく解説します。

決済手数料の負担

キャッシュレス決済の導入には、決済金額の約3%程度の手数料が発生します。この手数料は、利用する決済サービスによって異なるため、選択する際は手数料率を確認することが重要です。高額な決済が多い場合、手数料もそれに比例して増加するため、経営に影響を与える可能性があります。

初期導入コスト

キャッシュレス決済を導入するには、決済専用端末やレシートプリンターなどの初期設備投資が必要です。端末自体の費用のほか、通信費などの維持費も考慮する必要があるでしょう。初期投資は店舗の規模や選択するシステムによって大きく異なるため、事前にコストを見積もることが肝心です。

入金サイクルの長さ

キャッシュレス決済の場合、支払い完了後に売上金が銀行口座に入金されるまでにタイムラグが発生することがあります。この入金サイクルの遅れは、特に資金繰りがシビアな店舗にとっては大きなデメリットとなる可能性があります。キャッシュフローを管理する上で、この点を十分に考慮することが重要です。

このような注意点を理解し、メリットと比較検討した上で、キャッシュレス決済の導入を検討することが大切です。

飲食店でのキャッシュレス決済の選び方

キャッシュレス決済の選び方について

飲食店でキャッシュレス決済を導入する際、最適な方法の選び方は、多くのオーナーが頭を悩ませる問題です。特に、どの決済方法を優先すべきか、どのような点を重視すべきかは大きな課題となるでしょう。ここでは、選択する際の重要な3つのポイントを紹介します。

利用者が多い決済方法を選択する

ある企業のライフスタイルの調査によれば、飲食店で最も支払い経験が多いのはクレジットカードで約79%、その次に電子マネーが続きます。店舗でよく聞かれる「使えますか?」という質問を参考に、実際に顧客からの需要が高い決済方法を選択するのが賢明です。

地域性や客層を意識する

都市部ではさまざまなキャッシュレス決済に対応している顧客が多いのに対し、地方ではまだ使い慣れていない方法もあります。また、若年層や高齢者など、客層によって好まれる決済方法も異なります。地域の特性や客層を考慮して決済方法を選ぶことが重要です。

平均支払い額に合わせる

1,000円程度のカジュアルな飲食店と、1万円以上の高級店では、顧客が利用するキャッシュレス決済方法に違いが出ます。客単価に合わせて最適な決済方法を検討しましょう。

これらのポイントを踏まえ、自店に合ったキャッシュレス決済方法を選ぶことが、顧客満足度の向上と経営効率化につながります。

飲食店にキャッシュレス決済を導入して顧客の満足度アップ!

キャッシュレス決済を導入して顧客の満足度アップ!

現代の消費者は、ますます現金を持ち歩かなくなっています。特に若い世代では、スマートフォン一つで支払いが完結するキャッシュレス決済を好む傾向にあります。このような顧客ニーズに応えることは、新しい顧客層を引き付け、既存の顧客の利便性を高めることにつながります。

キャッシュレス決済の導入は、店舗の将来性を左右する重要な決断です。早期に導入することで、市場の変化に対応し、競合他店に差をつけることが可能になります。導入を前向きに検討し、時代の波に乗る準備をしましょう。

EPARKペイメントサービスは、業界内で最も低い水準の決済手数料を実現し、毎月の支出を削減します。飲食店向けのキャッシュレス決済に関するご相談は、株式会社EPGまでお気軽にお問い合わせください。