飲食店向け予約システムを自作した場合の落とし穴!

順番待ちのお役立ち情報

飲食店の予約システムは、お客様がスムーズに来店できるようにするための重要なツールです。予約システムは自作することもできますが、思わぬ落とし穴にはまってしまうことも。こちらのコラムでは、飲食店向け予約システムを自作する場合に注意したい点について解説します。

飲食店向け予約システムは自作できる?

飲食店向け予約システムは自作できる?

現在、多様な方法で飲食店専用の予約システムを自作することが可能です。特に、既にウェブサイトをお持ちの場合、そこに予約システムを組み込むこともできます。

予約システムを自作する方法には、さまざまな選択肢がありますが、それぞれにメリットとデメリットが存在します。ここでは、予約システムを自作する主な方法についてわかりやすく解説し、それぞれの注意すべき点について詳しく見ていきます。

飲食店向け予約システムの種類

飲食店向け予約システムの種類

予約システムは、飲食店を含む多様な業界で重要な役割を果たしています。予約システムを導入することで、お客様の予約を24時間365日受け付け、店舗の運営を効率化できるでしょう。予約システムには大きく「ポータル型」と「オウンド型」の2種類があり、各々にメリットとデメリットが存在します。

ポータル型システム

複数の店舗情報が掲載される大手ポータルサイトのことを指します。このタイプの利点は、広範な顧客層にアクセスできることです。しかし、競合他店との差別化が難しいという側面もあります。

オウンド型システム

各店舗が独自に管理する予約サイトです。数10万円から数100万円の予算を投じれば、店舗独自のニーズに合わせたシステムを構築できます。低予算でのスタートを考えている場合、予約システムサービスのテンプレートを活用したり、連携できそうなプラグインを使用して自作する方法もあります。

予約システムの選択は、店舗の目指す方向性や予算、顧客層を考慮して行うことが重要です。ポータル型は多くの顧客にリーチしやすい一方で、オウンド型は店舗の独自性を強く打ち出すことが可能です。自店の特性や戦略に合わせて、最適な予約システムを選択しましょう。

飲食店向け予約システムの作り方

飲食店向け予約システムの作り方

飲食店オーナーの皆さまにとって、オウンド型予約システムの自作は大きなチャレンジです。その方法には、主に3つのアプローチがあります。

パッケージ化されたソフトのプラグインを利用する

WordPress(WP)などのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)というWebサイトに必要な機能を有しているパッケージソフトを使って制作することもできます。CMSはプログラミング知識がなくてもウェブサイトの管理や構築ができるため、初心者にも取り組みやすい選択肢でしょう。プラグインと呼ばれる機能拡張できるものがインターネットで調べればたくさん出てきます。それを活用して予約システムを構築することが可能です。

開発会社に依頼する

自店のニーズに完全に合わせた予約システムを求める場合、開発会社に依頼する方法もあります。ここでは、いくつかのオプションからカスタマイズする方法と、完全なオリジナルで新規開発する方法が選べます。新規開発は時間がかかる場合がありますが、店舗独自の要望を反映させることができるでしょう。

既存の予約システムを利用する

最近は、無料または格安で導入可能な予約システムが多く登場しています。これらのシステムでは、テンプレートを選び、必要事項を入力するだけで予約サイトを立ち上げられます。また、既存のホームページに簡単に埋め込むことも可能です。専門知識がなくても、ガイドに従い操作するだけで完成できます。一部のシステムでは、無料であっても予約件数の制限がない場合や、事前決済機能を提供している場合もあります。

CMSプラグインで作る場合のメリット・デメリット

CMSプラグインで作る場合のメリット・デメリット

予約システムを自作する際、CMSのプラグインを利用する方法があります。ここでは、CMSプラグインを使った予約システムについて紹介します。

  • メリット:
    WordPress(WP)などのCMSプラグインは、飲食店など多様な予約タイプに対応しています。GoogleカレンダーやiCalなどのスケジュール管理ツールとの同期が可能なプラグインもあり、有料プランではさらに高度なカスタマイズが可能です。また、予約システムプラグインには無料のものも多く、初期投資を抑えて始められるのが大きな魅力でしょう。無料プランでも十分な機能を提供するプラグインもあり、デモ画面を確認しながら、自社に必要な機能を持つプラグインを選べます。
  • デメリット:
    一部のプラグインでは、HTMLやCSSなどのコーディングが必要になることがあります。また、英語版のみのプラグインもあるため、ウェブ制作に関する知識や英語の理解が求められる場合もあるでしょう。ほかにも、予約管理に特化したサービスに比べ、プラグインの機能は限定的であることが多く、複雑な予約体系に対応するのが難しい場合があります。
Point!

CMSプラグインを使った予約システムは、コストを抑えつつも自由度の高いカスタマイズが可能です。しかし、専門知識の必要性や機能の限定性も理解しておきましょう。

開発会社に依頼する場合のメリット・デメリット

開発会社に依頼する場合のメリット・デメリット

予約システムを自作する際に、専門のシステム開発会社を利用する方法も考えられます。

  • メリット:
    自社の特定のニーズに応じたオリジナルの予約システムを構築できる大きなメリットがあります。また、システムの運用や保守も開発会社に依頼することが可能なので、サービス開始以降もサポートいただける場合もございます。
  • デメリット:
    専門家に開発を依頼する場合の費用は、発注する会社やシステムの規模によって大きく異なります。一般的な規模のシステムであれば、費用は約150万円から300万円程度が相場です。小規模なシステムであれば、100万円以下で済むこともあります。逆に、大規模で複雑なシステムを開発する場合、費用は1,000万円を超えることもあるでしょう。
Point!

予約システムの開発を検討している際には、複数の開発会社から見積もりを取り、それぞれの提案を比較検討することが重要です。また、開発会社の選定では、コストだけでなく、過去の制作実績や対応能力も考慮に入れると良いでしょう。自社に最適な開発パートナーを見つけることで、効率的で機能的な予約システムの構築が可能になります。

予約システムは「EPARK順番待ちシステム」がおすすめ

予約システムは「EPARK順番待ちシステム」がおすすめ

自分でオリジナルな予約システムを検討・開発する場合、CMSプラグインの利用や開発会社によるカスタムメイドのシステム構築は、時間とコストの両面で大きな負担となることがあります。特に、自社の独自要望に合わせたシステム開発は、高額な初期投資が必要になる可能性が高く、中小規模の飲食店にとっては大きな負担となりがちです。さらに、自作システムでは、運用と保守に関する問題も生じやすいため、継続的なサポートやアップデートに関しても追加の費用が発生することが一般的です。

これに対し、「EPARK順番待ちシステム」は長年にわたり運用されているクラウド型予約サービスで、お店の規模に応じて独自のカスタマイズや運用ができるので非常におススメです。初期費用を抑えつつ、月額費用も自社のニーズに合わせて調整可能です。また、確立された運用体制と継続的なサポートが提供され、予期せぬトラブルやシステムダウンのリスクを低減し、安心してサービスを利用できます。

総合的に考えると、予約システムを導入する際は、コストと安定性のバランスを考慮した「EPARK順番待ちシステム」のようなクラウド型サービスを選択することをおすすめします。高い費用をかけて予約システムを自作するよりも、信頼性の高い「EPARK順番待ちシステム」を選ぶことで、飲食店オーナー様は経済的負担を抑えつつ、効率的な店舗運営を実現できるでしょう。

飲食店で予約システムを導入したい方は、こちらのコラムもチェック!