レストランで順番待ちシステムが必要な理由

レストランで順番待ちシステムが必要な理由 順番待ちのお役立ち情報

レストランオーナーの皆様、ランチやディナーなどのピーク時に予約受付や順番待ちでたくさんのお客様で行列になっておりませんでしょうか?特にレストランでは、おひとり様,友だち,家族など老若男女問わずたくさんのお客様が来店されます。その中で、お客様がストレスなく快適な待ち時間を過ごすために、順番待ちシステムの導入を検討しませんか?このコラムでは、レストランを経営するのに必須ともいえる予約受付・順番待ちシステムの必要性について紹介いたします。

レストランの入店受付時に発生する問題とは?

レストランの入店受付時に発生する問題とは?

レストランを運営していく中で、ランチやディナー時の予約受付・順番待ち・テイクアウトは、お客様が入り交じり、席案内とお会計対応で現場スタッフが慌ただしくなっていることはよくありませんか?

特にお客様が長い待ち時間を強いられると別のお店に変更されたり、イライラが溜まってクレームなどのトラブルが発生する可能性があります。

そこで、業務改善やお客様の顧客満足度をあげるために順番待ちシステムの導入をおススメいたします。お客様が待つことでどのようなデメリットがあるかを理解し、システムを設置することでどういった改善ができるかをまとめていますので、ぜひ最後までご一読ください。

受付ピーク時でのレストラン運営での課題

受付ピーク時でのレストラン運営での課題

受付ピーク時における現場での対応にはさまざまな課題が伴います。主な課題をいくつか挙げてみます。実際に、自身のお店と比較してみましょう。

待ち時間の増加

受付ピーク時には多くのお客様が一度に訪れるため、待ち時間が急増します。これがお客様の不満やストレスを引き起こす原因となります。特にレストランの場合は、様々な人数での来店があるため、適正な席の確保も待ち時間を解消するための重要な課題となっていきます。

予約とウォークインの調整

予約とウォークインのバランスを取ることが難しくなります。予約客とウォークイン客を効果的に調整することが求められます。

スタッフの負担増

受付やサービススタッフはピーク時において多忙であり、労働負担が急増します。これがサービス品質やスタッフのモチベーションに影響を与える可能性があります。また、ピーク時では専属で受付近の対応する優秀なスタッフが必要になる場合もあります。

情報共有の困難さ

受付、サービス、キッチンなどの各部門間での情報共有が難しくなります。これが注文の取りこぼしや料理の遅れに繋がることがあります。

このように来店客が増えることにより、従業員の負担も増加します。特に、ピーク時での受付業務については、しっかりとトレーニングを積んだ優秀なスタッフだけを配置するというレストランもございます。そのため、人的コストを最小限にし、順番待ちシステムやデジタルツールの活用が必要になってくるのです。

順番待ちにおけるレストラン経営の損失

順番待ちにおけるレストラン経営の損失

次に、レストランを経営する上での待ち時間に関する損失について考えましょう。待ち時間が生まれてしまうことで起きる課題は以下のようなものがあります。

顧客の離脱と収益損失

長時間の待ち時間や不透明な順番待ちが顧客を不満にさせ、他のレストランを選択する可能性があります。これにより、潜在的な収益が失われることがあります。

リピーターの減少

長時間の待ち時間が継続的に発生すると、リピーターの数が減少する可能性があります。お客様はストレスなくスムーズな食事体験を求めるため、待ち時間が原因でリピート率が低下することがあります。

顧客体験の低下

待ち時間が長すぎると、お客様はストレスを感じ、食事体験が低下する可能性があります。これが口コミや評判に悪影響を与え、新規顧客の獲得が難しくなります。

予測不可能な経営

待ち時間が予測できないと、効率的な運営が難しくなります。これが在庫の適切な管理やスタッフのスケジュール調整に影響を与え、さらなるコスト増加に繋がることがあります。

以上のことから、来店客が増えることは飲食店にとっては嬉しい話題ではありますが、待ち時間が多いことで混雑の多いレストランと判断されてしまうこともあります。この結果、リピーター率の低下や新規顧客の離脱など、長期的にみると悪影響を及ぼす可能性があります。

順番待ちシステムを導入することによる利点

順番待ちシステムを導入することによる利点

ここまではレストランにおける待ち時間のデメリットを紹介してきました。こちらでは、レストラン経営における問題点を解消するために「順番待ちシステム」の必要性と利点について紹介していきます。

Point1

待ち時間の透明性と予測可能性

順番待ちシステムにより、お客様はリアルタイムで待ち時間を確認できます。これにより、待ち時間が透明で予測可能になり、お客様は自分のスケジュールを調整しやすくなります。

Point2

効率的なオペレーション:

順番待ちシステムはオペレーションを効率的にします。適切なタイミングで予約やウォークインを調整し、スタッフやキッチンの業務をスムーズに進行させます。

Point3

スタッフの効率向上

スタッフは順番待ちシステムにより、予測可能なピーク時を把握しやすくなります。これが効果的なスケジュール調整や業務の効率向上に繋がります。

Point4

収益最大化

待ち時間の最適な管理により、テーブルやキッチンの最大限の利用が可能となります。これが収益の最大化に繋がります。

このように、レストランの順番待ちシステムを導入することによって、多くの課題を改善することができます。次のトピックにてもう少し具体的に深掘りしていきましょう。

順番待ちシステムを導入後の変化

順番待ちシステムを導入後の変化

レストランの入店受付時に順番待ち・予約システムを設置するとどういう変化がおこるのでしょうか。 より具体的に見ていきましょう。

待ち時間の透明化により、お客様がより時間を有意義に使うようになった

システムを導入することにより、お客様はリアルタイムで待ち時間を確認できるようになります。これにより、待ち時間が透明で予測可能になり、お客様は自分のスケジュールを調整しやすくなります。システムの中には、順番受付用紙にQRコードが掲載されていたり、LINE呼び出し機能で番号が近くなった場合にプッシュ通知が飛ぶものもあります。また、事前予約をおこなうことで車内で時間調整をしたり、待ち時間の間に買い物や他の用事を済ませてから来店することもできるようになり、待ち時間に対するストレスが大きく軽減されるようになります。

従業員の業務効率があがった

予約や来店受付をシステムに任せることにより、受付スタッフは入退店の対応と会計の対応に専念できるようになります。また、予約とウォークインをある程度予測を立てながら動けるため、意識的にテーブルの適切な配置がおこなえるなどスムーズな受付を可能になります。受付業務は優秀な人材を立てて対応することも多いため、受付業務のパフォーマンスをシステムで一部賄えることにより、店内全体を見渡せるエリアスタッフとしての配置転換することもでき、相乗的に従業員が能力にあった場所に配置できるようになります。

このように順番待ちシステムを導入することで、お客様の待ち時間のストレスを軽減することができ、従業員もピーク時の業務活動の負担を下げ、他の対応に専念できるようになります。

レストランで順番待ちをするならEPARKで決まり!

レストランで順番待ちをするならEPARKで決まり!

ここまでレストランにおける順番待ちに関する課題を紹介してきました。このような来店時の順番待ちにお悩みの方はEPARK順番待ちシステムがおすすめです。

EPARKを導入すれば、事前に予約を受付することができるので、お客様は待ち時間をゼロで入店することができ、顧客満足度を高めることができます。特にお子様やご年配の方など、ご家族での予約する場合は特におすすめです。 また、機能も充実しており、自分の順番待ちが近づくと自動でお客様の電話で呼び出しする機能やLINE、QRコードを活用した予約情報の確認、さらにはメルマガ配信や顧客分析などのCRM機能も充実しております

このようにレストランの混雑を解消したい、受付業務の改善をしたいと考えている方は是非EPARK順番待ちシステムの導入をご検討ください。