飲食店でCRMツールを活用!台帳と顧客情報を一括管理

予約台帳のお役立ち情報

「CRMツールが便利ってよく聞くけど、何のこと?」と思っている飲食店のオーナー様はいらっしゃいませんか?このコラムでその疑問を解決しましょう!ここでは、CRMツールの基本から、予約管理との連携の便利さを解説しています。CRMツールを活用して、お店とお客様の関係をもっと良くできるヒントを見つけましょう。

飲食店でCRMツールの導入が増えている理由

飲食店でCRMツールの導入が増えている理由

飲食店経営において、ただ「おいしい」だけでは足りない時代になりました。市場は日々進化し、お客様は新しい体験を求めています。このような環境の中、CRMツールの導入が注目されています。CRMを活用すれば、他店との差別化が図れ、お客様との関係を深められるのです。

今、飲食店業界では人手不足が大きな課題です。しかし、CRMツールを使えば、顧客情報の管理や分析が自動化され、スタッフの業務負担が大幅に軽減されます。この効率化により、スタッフは接客に集中できるようになるでしょう。

そして最も重要なのが、リピーターの獲得です。顧客データを分析し、それぞれのニーズに応じたサービスを展開することで、お客様の心を掴み、リピーターとして定着させることができるのです。CRMツールの活用は、飲食店経営において新たな可能性を開いてくれるでしょう。

飲食店のCRMツールとは?

飲食店のCRMツールとは?

CRMとは、「顧客関係管理(Customer Relationship Management)」という意味で、飲食店経営においても非常に重要な概念です。

顧客関係管理(Customer Relationship Management)って?

簡単に説明すると、CRMは顧客の情報を集めて管理し、その情報を使ってより良いサービスを提供するための方法です。例えば、お客様が以前に何を注文したか、どんな食べ物が好きか、特別な食事制限があるかなどの情報を記録しておけるのです。

この情報を活用することで、飲食店では顧客一人ひとりに合わせた特別なサービスを提供できます。例えば、アレルギーがあるお客様には安全な食事オプションを提案したり、常連客には好みに合わせた新メニューを勧めたりできるわけです。

CRMの目的は、ただ商品を売るだけでなく、お客様との良い関係を築き、繰り返し来店することを促すことにあります。このことで、お客様はより満足し、店舗の評判も上がり、結果として売上の向上にもつながるでしょう。

CRMツールを活用してできることとは?

CRMツールを活用してできることとは?

飲食店でのCRMツールの活用は、どのような効果をもたらすのでしょうか。CRM(顧客関係管理)の基本は、お客様との関係を深め、忠誠度を高めることです。具体的な例を見てみましょう。

お客様の情報収集

まず、お客様の情報収集です。来店されたお客様の名前や連絡先を記録し、それらの情報を活用することが重要です。これにより、お客様一人ひとりに合ったサービスを提供できるようになります。

お客様とのコミュニケーション

普段の会話から得られる情報を記録し、お客様との関係をより強固なものにします。例えば、常連のお客様には特別なサービスを提供することで、満足度を高めることができます。

顧客データの分析

顧客データの分析も重要です。どの曜日や時間帯にどのような客層が来店するかを分析し、それに合わせたメニューやサービスを考案します。こうした分析により、新しい顧客層を開拓することも可能です。

情報の一元管理

CRMツールを使用すると、これらの情報をデジタルで一元管理できます。従来アナログで行っていた作業がデジタル化されることで、時間と労力を節約し、より効率的な経営が可能となります。

CRMの最大の目的は既存顧客からの売上を増やすことです。CRMを意識し実践することで、リピーターの増加や既存顧客からの売上アップを期待できます。CRMツールの導入は、飲食店にとって新たな可能性を開くでしょう。

CRMツールを活用した飲食店の顧客管理のメリット

CRMツールを活用した飲食店の顧客管理のメリット

飲食店経営において、CRMツールの導入は極めて重要です。ある企業が2022年3月に行った調査によると、既に顧客管理システム(CRMツール)を導入している飲食店は10.5%、導入を検討中の店舗は11.0%に上ります。実際に導入した店舗の33.3%が売上向上を、30.0%が顧客満足度の向上を実感しているとのことです。 では、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

メリット1

効率的な顧客管理

顧客の基本情報や来店履歴、好みなどをデジタルで管理することで、手作業による時間と労力を大幅に削減できます。管理画面には顧客の好みやクレームなどの情報が表示され、スタッフ間での情報共有も容易になります。

メリット2

自動化による業務軽減

CRMツールを導入すると、来店記録やクーポン利用などの情報が自動で記録されます。これにより、人手不足に悩む現場での業務負担が軽減されるでしょう。また、顧客自身による会員登録やQRコードの活用など、新規登録のプロセスも簡素化されます。

メリット3

情報発信の自動化

新メニューの宣伝や割引キャンペーン、クーポンの配布などが自動化され、顧客への効果的なアプローチが可能になります。アプリ通知やメールマガジンを通じて、顧客に直接情報を届けられるようになります。

メリット4

顧客満足度の向上

顧客データの分析を通じて、新メニューの開発や価格設定、サービス改善が実現します。スタッフ間の情報共有がスムーズになることで、顧客一人ひとりに合ったサービスを提供でき、結果として顧客満足度の向上につながるでしょう。

CRMツールの導入は、飲食店経営において新たな可能性を開く重要な一歩と言えるでしょう。

飲食店におけるCRMツールの選び方

飲食店におけるCRMツールの選び方

飲食店経営において、顧客管理は成功の鍵を握ります。そのため、飲食店に最適なCRMツールの選び方には、以下の3つの重要なポイントがあります。

料金と機能のバランスを重視

CRMツールを選ぶ際、最も重要なのは、料金と機能のバランスです。過剰な機能を持つシステムはコストがかさみ、結果として経営に負担を与えます。自店に必要な機能が備わっているか、そしてそれが予算に見合っているかを慎重に評価しましょう。

スタッフの使いやすさを考慮

CRMツールの選定にあたっては、スタッフが簡単に操作できることが重要です。複雑なシステムはスタッフの負担となり、結果として使われない恐れがあります。スタッフが使いやすいCRMツールを選ぶようにしましょう。

一括管理できるかどうかを確認

選択するCRMツールが、予約台帳と一括管理できるかどうかを確認しましょう。デジタルツールが複数に分かれていると、余計な手間がかかります。特に飲食店では、予約台帳管理システムとの連携は必要不可欠です。既存システムとの互換性があるCRMツールを選ぶか、予約台帳と一括管理できるCRMツールを選択しましょう。

これらのポイントを念頭に置き、自店に合ったCRMツールを選ぶことで、顧客満足度の向上や売上の増加につながるでしょう。

CRMツールで一括管理できればもっと便利に!

CRMツールで一括管理できればもっと便利に!

飲食店経営をもっと楽に、そしてお客様に喜んでいただくためには、CRMツールと予約台帳の一括管理が便利です。

一括管理のいいところは、お客様の情報と予約が一つのシステムで確認できることです。これで、以前お店に来たお客様の好きな料理や、座りたい席などの情報をパッと見つけられます。次にお店に来たとき、「お客様の好きなあの料理、今日もありますよ」と言えると、喜ぶ顔が見られるのではないでしょうか。また、ひとつのシステムで全部管理できるので、スタッフの仕事も楽になります。わざわざシステムを使い分ける必要がなく、時間も節約できますし、ミスも減らせるでしょう。

予約と顧客情報を一緒に管理することは、お店をスムーズに運営し、お客様を喜ばせる大きな助けになります。そのためには、一括管理ができるRestyがおすすめです。Restyは、予約台帳と連動することで、一度予約したお客様をリピーターに変えるための販売促進活動を効果的・継続的に行えます。Restyを活用してお客様により良いサービスを提供し、お店の運営をもっと楽にしましょう。